急な出費に備えておく

日々の生活費は、働く事によって得ています。ほとんどの人が毎月の収入は決まっていますので、その中でうまくやりくりしていくものとなります。
ですが、生活していると思わぬ出費が発生する事があり…それが払えるものであればいいのですが、そうでないと大変!足りないとなると、どこからかお金を借りてこなくてはならなくなります。つまり、借金です。

 

ですが、借金は一時しのぎにしかなりません。あくまで借りたものですから、そのお金はきっちりと返さなくてはならないもの。それが金融会社から借りたものであれば、利子をつけて…つまりは、借りたお金よりも多い金額で返金しなくてはいけないのです。一時的に助かっても、生活費が不足した状態でお金を借りるのは、さらに生活を苦しくなることになりかねないのですから、安易にとっていい方法とはいえません。

 

先の生活を考えても、借金をしないでも急な出費に対応できるように対策をとっておかなくてはいけないのです。では、それにはどうしたらいいのでしょうか?それには、普段からの心構え…つまりは、もしもの事を考えて、それに合わせて準備しておく。そして、それでも無理な場合は、公的資金の利用を考える…です。後者においては、常日頃から情報収集をして、いざという時に動けるようにしておいたほうがいいでしょう。


食費と消耗品をカット!

生活費が足りない!…となった時、生活費の中のどれかを節約しなくてはいけなくなります。長期的に見て効果があるのが固定費であり、コツコツ節約する事で大きな節約になります。1ヶ月単位ではわかりませんが、1年単位で見ると大きな差があることがわかります。ですが、急にお金が足りないといった状態になった場合は、固定費の削減よりも食費の削減の方が効果的となります。

 

無駄な外食や高級食材ばかり買っている場合は、見直すことでかなり出費を抑えることができます。今は、オーガニック食材といったこだわりを強く持つ人が多いので、思っている以上に食費にお金をかけすぎていた…なんてことも。また、一人暮らしの人は自炊するのが面倒で、ついつい外食ばかりになってしまう…なんてことも。外食は、1食あたりが安く済んだとしても、全部あわせてみると大きな数字になるのです。

 

食費が生活費に占める割合は、意外と大きなものとなっています。しかも、固定費などと違って、節約を意識する事ですぐにその効果を実感する事ができます。こだわりが強い自然派食品やレストランで食事するよりも、特売を狙って安いスーパーで買い物して調理するほうがはるかに安く済みます。

 

また、食費と同じように注目したいのが消耗品です。ティッシュやトイレットペーパーなどの消耗品は、大切に使うようにすることで抑えることができます。できるところから出費を削減していくことで、生活費を捻出することができるのです。


収入を増やすなら日払いバイト&在宅ワーク

生活費が足りなくなってしまった場合、真っ先に考えるのが収入の増加です。毎月の収入が増えれば、不足するといった心配も減ります。わざわざ借金をしなくてもすみますね。

 

収入を増やしたいと思った時に有効となる働き方が、1日だけといった日払いのアルバイトや、パソコンがあれば自宅でもできる在宅ワークです。これらの職種は、短い時間で、自分の都合の良い時間にできるとして、収入を増やしたいと考えている人に注目されています。「給料日前にお金が足りなくなってしまった!じゃあ、登録している派遣会社で日払いのバイトはないか聞いてみよう」といったように、生活費の足しにすることができるのです。

 

ただし、副業が許可されている立場でないと、こうした仕事をおこなうのは難しいものといえます。特に正社員の人は注意が必要。会社によっては副業を禁止しているところもあるのです。日払いバイトや在宅ワークは、普通のお仕事とはちょっと違うので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくればうまく活用する事ができる仕事となるでしょう。


節約を意識する

急な仕方がない出費の為に今月の生活費が不足してしまった…なんて事であれば、ある意味、仕方がないともいえます。が、遊びや買い物なので思った以上に買い物をしてしまった為に生活費が足りなくなってしまった…なんて場合は要注意。ついついで許してしまうと、また同じ事をして困った事態になりかねないのです。こうした事が続いている場合は、すぐに改めるようにしなくてはいけません。

 

今月はちょっと苦しいな…と感じたら、1日100円でもいいので、いつもより少ない金額で済ますように心がけましょう。特に、食品などの買出しでスーパーに行っている場合は、いつもより抑えることを意識しなくてはいけません。生活費が不足しそうな時に浪費は絶対にやってはいけないこと。それが、金額が小さくても…です。

 

浪費という行為は、お金がない時ほど一番の障害になります。浪費に気をつけるだけでもお金の節約になりますので、強く意識していきたいもの。日々の小さな努力を習慣化することで、生活も安定したものとなるのです。


更新履歴